ライフサービス
不用品回収にお困りの方お任せ下さい!   
スタッフBlog

遺品整理を依頼する前に何をする?費用を抑える為に出来る5つの事

遺品整理を業者へ依頼へ依頼する際、費用はどれくらい掛かるのかと金銭面で不安に感じる方は少なくありません。
出来るだけ費用は抑えていものです。ここからは費用を抑える為に出来る事をご案内致します。自分で片づけて逆に業者に手間を掛けさせて費用が嵩まないように注意して下さい。

  • 遺品整理を業者へ依頼するメリット・デメリット
  • 遺品や貴重品など大切な物は分けておく
  • どこまで自分でやるかによって作業を明確にする
  • 費用が掛かる作業とは

 

遺品整理を業者へ依頼するメリット


遺品整理の作業は、心も身体に大変負担が掛かります。なぜなら、大切な人を亡くし悲しみの中で作業を行う必要がございます。
思い出もある品物を処分する必要がありなかなか作業に向き合うのが辛いと良く聞きます。
なれない作業で体力も使いますので、年配の方だと体力的に厳しい作業となります。

  1. メリット 辛い気持ちや体力的い軽減され、生活に支障なく過ごすことが出来る
  2. デメリット 自分で行うより金銭面では負担が多い

遺品や貴重品などは分けておく


大切な方の思い出のお品や貴重品はどこにあるかわからないものですが、出来るだけ探し保管しておきましょう。
通帳や印鑑、ご自宅の権利書や保険証書などが一般的ですが故人の大事にしていた思い出の品物も保管しておきましょう。即処分しなくても時間がたって不要と感じた時処分すればいいの迷った時は処分はしないでおいて下さい。
一生懸命探しすぎて散らかしてしまうのは後々手間がかかるので注意して下さい

どこまで自分でやるかによって作業を明確にする


遺品整理を行うにあたりある程度自分でどこまでやるか明確にておくと作業を進める上で混乱したり途中で投げ出してしまうことが少なくなります。
作業は自分で行うと思った以上に大変です。頑張りすぎて途中で嫌になってしまう事も少なくありません。
大きく分けると、家具類、家電、衣類、生活ゴミ、雑誌や本類、雑貨類になります。処分するには分別し袋詰めなどの作業がございますのでどこまで作業するか明確にしておきましょう。

商品 処分・作業の仕方
家具類 大きくて搬出が難しいので最後の判断でOK。中をからにして業者へ依頼する方が楽かもしれません。
家電 リサイクル料金の対象商品などは手間が掛かるのと、搬出が難しい場合が多いので最後の判断でOK。リサイクル券の購入や搬出などを考えると業者へお願いした方が楽です。
衣類 量にもよりますが比較的袋詰めが楽ですので箪笥や押し入れなど整理してみましょう。
生活ゴミ 地域の分別やゴミの出し方が異なるので自治体の冊子などで確認する必要がありますので注意が必要です。以外に多いのが生活ゴミです。収集日などのタイミングによって出すのが難しい場合があるので作業としては大変です
雑誌や本類 まとめやすく作業的にはさほど困難ではありません

 

費用が掛かる作業とは


遺品整理で一番手間が掛かる作業が分別です。処分する生活ゴミなどはまとめて袋に詰めるわけにはいきません。
紙、プラスチックなど分別が必要です。自分達で作業しても様々な物が混雑に入っているとやり直す必要がございますのでかえって費用が嵩む場合もございます。
この作業の為、余計な人件費が掛かる為です。
種類ごとにキチンと分別しまとめてあると業者の作業は軽減されますので費用は軽減されます。

商品 処分・作業の仕方
食器棚 食器類はダンボールなどに入れてまとめ中を空にしておきましょう
冷蔵庫 ・台所収納 生ものや冷凍物は早目に処分し調味料は中を空に分別して処分して下さい。火事など防止の為ブレーカーを落とす際に初めに行うといいでしょう。
箪笥 押し入れ 衣類、下着類などはビニール袋などに入れ処分が可能です。ハンガーは入れないように注意して下さい。布団や毛布など粗大ゴミなどでの処分が可能です。
洗面所やお風呂場、トイレ 分別し行政の収集に出せる範囲の物が多いのでキチンと分別して決められた日に出して下さい。

まとめ

今まで処分や作業の仕方をご紹介致しましたが、まずは依頼する業者と良く話をする事です。期限などによっても費用が前後致します。
ご依頼から数日しか期限がない場合は、早く終わらせる為に人件費が多くかかり日にちに余裕がある場合と比べかなり差が出てきますので、なるべく余裕をもって業者へ依頼する事も大切です。
期限なく少しづつ通って作業が出来るのであれば作業終了後に業者へ見積を依頼しましょう。その際に大きな商品のみで中になにも入っていなく運び出しだげの作業の場合は、遺品整理の作業と言うよりは粗大ゴミや不用品の回収作業となりますので比較的費用は安くなります。
ただ無理をせずに自分に出来る範囲で行うことが大切です。なかなか自分で行うのは困難な作業ですので身内でよく相談し故人の為の遺品整理を行って下さい。