ライフサービス
不用品回収にお困りの方お任せ下さい!   
スタッフBlog

相模原市で空き家の片付た遺品整理などの作業にお困りでしたらお手伝いさせて頂きます

最近では核家族化が進みニュースなどでも良く目にすることも少なくありません。
このような状態に合わせ問題となりますのが空き家などの問題です。
高齢の方の独り暮らしが増え、子供達は遠方で自分達の自宅を持ち生活をするのが一般的です。
なかなか実家へ足を運ぶことも少なく、いざ親が入院や施設などに入ってしまったり、亡くなってしまったとした場合、
実家を片付けたりするもは子供や身内となります。
最近ではこのように子供に迷惑を掛けないように生前整理をする年配の方も多くいらっしゃいますが、戸建ての自宅などは限界がございます。
自宅を売却するにしても、建て替え住むにしてもまずは残置物の処分が必要となります。
そうです、中に残っている物を片付ける必要がございます。
弊社では、これまで様々なご自宅の片付、遺品整理を行ってまいりました。
お客様に合った片付けをご提案させて頂きますのでお気軽にご相談下さい。お電話メールでも対応可能です。
自宅の片付後、売却などでお困りの場合も合わせてご相談頂けます。

お問い合わせフリーダイヤル

 

①必要な書類や遺品、思い出の品物を探す
自宅の登記簿や通帳、印鑑、ご本人様に必要な書類関係などは必要となりますので探して保管しておきましょう。
また、現金など保管している場合もございますので出来たら事前に確認しておくことをおススメします。
また思い出のある大切な物は探して大事に保管して下さい。

 


②生ものは早目に自分達で廃棄しておく
急に亡くなったり、施設に入る場合など冷蔵庫の中がそのままですと悪くなり悪臭や衛生面でも余りよくありませんので
まず早目に処分することが必要となります。業者によっては生ごみの処分は行わない事が少なくありませので
腐ってしまったりと自分達で行う必要が出てくると大変です。
また、住んでいない自宅はブレーカーを落として火事などを防ぐ必要がございますので、冷蔵庫内の処分が済んでから
ブレーカーを落として下さい。

 


③片付けをどこまで自分達で行えるか判断する
一番大変なのが片付けです。全部業者へ依頼するとある程度費用が掛かりますので自分達で出来る事はやりましょう。
細かい物の処分や分別など人数がいれば行うことが可能ですが、分別しながらとなると地域のルールに合わせて
行う事が必須ですので事前に確認をしておくとスムーズに行えます。
遠方などで時間のない場合や量が余りにも多い場合は無理せず業者へ依頼する方が良い場合がございます。

 


④業者へ依頼する
片付の費用は業者によってまちまちです。
何社か依頼し、金額と対応の良い業者へ依頼すると良いかと思います。
金額が安いからといって安易に依頼して後でトラブルになる場合もございますので、問合せ時の電話対応、
見積時に親切に聞いてくれるかなども判断する材料として見ることが必要です。